◎〔東京外為〕ドル、105円台前半=米金利上昇の一服で下落(24日午前9時)

配信元:時事通信社
著者:JIJI PRESS
 24日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の上昇一服が圧迫材料となり、1ドル=105円台前半に下落している。午前9時現在、1ドル=105円29〜29銭と前営業日(午後5時、105円80〜80銭)比51銭のドル安・円高。
 日本が休みとなった前日の海外市場では、米長期金利の上昇が一服してドル円は売りが優勢となり、いったん105円割れとなった。ただ、同水準では「押し目買いが強かった」(FX業者)ことから下げ渋り、欧米時間に入って戻り歩調となった。米国時間の終盤は105円20〜30銭台で推移し、東京時間の早朝も同水準となっている。
 22日に米長期金利は上昇基調となり、1.4%に接近した。その後、パウエルFRB議長が議会証言で緩和政策の長期化を強調したことで「現状では米長期金利は上げ一服となり、ドル円も上値が重くなっている」(大手邦銀)という。もっとも、「金利の水準自体は高く、ドル円も売りが強まるほどでもない」(同)ため、目先は105円台前半を中心に「米金利の動向を眺めながら値固めする局面になるのではないか」(同)とみられる。
 ユーロは対円は小安い、対ドルは上昇。午前9時現在、1ユーロ=127円94〜94銭(前営業日午後5時、128円12〜12銭)、対ドルでは1.2150〜2150ドル(同1.2110〜2110ドル)。(了)
[時事通信社]

このニュースの著者

JIJI PRESS

情報提供:時事通信社

時事通信社は国内外に幅広い取材網と配信ネットワークを要しており、プロのニーズにこたえるニュースの提供を通じて社会に貢献しています。

本画面および本画面に掲載している情報(本情報)の知的財産権その他一切の権利は、時事通信社およびその情報提供者に帰属しています。無断で使用(転用・複製等)することはできません。本情報は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘や推奨を目的としたものではありません。また、信頼できる情報源に基づき万全を期して作成されていますが、時事通信社がその内容の正確性や完全性などを保証するものではなく、将来予告なく変更される場合があります。時事通信社およびその情報提供者は、本情報などに基づいて被ったとされるいかなる損失、損害についても一切の責任を負いません。