◎〔週間見通し〕RSS、レンジ相場続く=第一プレミア証券・野川氏

配信元:時事通信社
著者:JIJI PRESS
 野川佐知・第一プレミア証券投資コンシェルジュ=大阪取引所のゴムRSS先物相場は、ゴム独自の材料に乏しく、レンジ相場が続くとみている。中心限月12月きり(6番ぎり)の予想レンジは245〜265円を想定。
 大きくは動きにくいだろうが、需要面の状況を考えると下がりやすそうだ。中国の新車販売台数は、4月に前年同月比ほぼ半減した後、回復傾向にある。ただ、欧州は5月まで11カ月連続で減少が続くなど低迷したまま。また、米国も5月は約30%減と落ち込みが厳しい。
 ロシアのウクライナ侵攻前までは、今年の新車販売はコロナ禍前の2019年と同水準になると観測されていたが、半導体不足も影響し、現状では難しい。自動車メーカーの生産の下方修正も続くだろう。加えて、世界的な利上げ、リセッション懸念、株安などが響き、ゴム需要は減退の方向にあると考えている。
 とはいえ、国内ゴム相場については、為替の円安傾向が下値を支え、結局はレンジ相場から抜けられないと思われる。安値は拾い、高値は売るという逆張りで対処する状況とみている。(了)
[時事通信社]

このニュースの著者

JIJI PRESS

情報提供:時事通信社

時事通信社は国内外に幅広い取材網と配信ネットワークを要しており、プロのニーズにこたえるニュースの提供を通じて社会に貢献しています。

本画面および本画面に掲載している情報(本情報)の知的財産権その他一切の権利は、時事通信社およびその情報提供者に帰属しています。無断で使用(転用・複製等)することはできません。本情報は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘や推奨を目的としたものではありません。また、信頼できる情報源に基づき万全を期して作成されていますが、時事通信社がその内容の正確性や完全性などを保証するものではなく、将来予告なく変更される場合があります。時事通信社およびその情報提供者は、本情報などに基づいて被ったとされるいかなる損失、損害についても一切の責任を負いません。