◎〔東京外為〕ドル、130円台前半=持ち高調整中心でもみ合い(25日正午)

配信元:時事通信社
著者:JIJI PRESS
 25日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、持ち高調整の売買が中心となり、1ドル=130円台前半でもみ合いとなった。正午現在、130円31〜33銭と前日(午後5時、129円80〜82銭)比51銭のドル高・円安。
 前日の米国時間では、1月の米購買担当者景況指数(PMI)が市場予想を上回ったことを受けて、一時131円10銭前後まで急伸。ただ、米長期金利が低下に転じたことから129円90銭付近に軟化し、終盤は130円10銭台で取引された。
 こうした海外市場の流れを引き継ぎ、きょうの東京市場は130円20銭台でスタート。仲値に向けては「五・十日」に絡んだ国内輸入企業など実需筋によるドル買い・円売りが先行し、130円40銭台に水準を切り上げた。その後は新規の手掛かり材料に乏しい中、130円台前半でポジション調整主体の動きとなった。
 週末27日に昨年12月の米個人消費支出(PCE)物価指数の発表を控えていることから、「内容を見極めたいという市場参加者の心理もあり、(午後も)売買は手控えられるのではないか」(国内銀行)との声が聞かれた。
 ユーロは朝方に比べて対円で堅調。対ドルで小高い。正午現在、1ユーロ=141円99〜142円01銭(前日午後5時、141円39〜39銭)、対ドルでは1.0896〜0896ドル(同1.0893〜0893ドル)。(了)
[時事通信社]

このニュースの著者

JIJI PRESS

情報提供:時事通信社

時事通信社は国内外に幅広い取材網と配信ネットワークを要しており、プロのニーズにこたえるニュースの提供を通じて社会に貢献しています。

本画面および本画面に掲載している情報(本情報)の知的財産権その他一切の権利は、時事通信社およびその情報提供者に帰属しています。無断で使用(転用・複製等)することはできません。本情報は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘や推奨を目的としたものではありません。また、信頼できる情報源に基づき万全を期して作成されていますが、時事通信社がその内容の正確性や完全性などを保証するものではなく、将来予告なく変更される場合があります。時事通信社およびその情報提供者は、本情報などに基づいて被ったとされるいかなる損失、損害についても一切の責任を負いません。