商品先物投資を行う場合の3つ目の留意点

著者:近藤 雅世
 新聞記者から商品先物取引を行う時の注意事項について、前回の2点以外にもう少しないかとの質問があった。いろいろ考えたが、同じようなことではあるが、「投資回数を減らすことだ」と述べておいた。

 価格が上がると思って何かを買うのが投資である。しかし、投資家は、のべつまくなしに投資したがる。実際に価格が上がると思う時は年に1~2度しかない。

 例えば、価格が急騰してかなり上昇しているが、そろそろ終わりに近づいたと思われる時は肌で感じるものである。天井を取ることはかなり難しく、現在のパラジウム価格のようにまだまだ上がる可能性があるので、単に高くなったら売りと言い切れるわけではないが、上昇の勢いが徐々に薄れてきた時は、売りであろう。パラジウムの場合は元々出来高が少ないので、そうした勢いを見る指標がないため、市場が薄い商品は手を出さない方がよい。
 

 
 一方、昨年の東京金価格は、8月に安値を付けている。この時は米国で利上げが2015年12月から9回あり、金価格は利上げのたびに下押しされていた。しかし、そろそろ利上げは打ち止めだという雰囲気があった。その時に金を仕込んでいれば4200円で買えていた。結果論ではあるが、数年に一度の金の買い時であった。当時私はあるセミナーで金は買いですと述べたが、みな半信半疑であった。多くの人が疑うような時こそ、買い時である。
 

 

このコラムの著者

近藤 雅世(コンドウ マサヨ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。商品ファンドを日本で初めて作った一人。2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンスを設立。代表取締役社長就任。 URL:http://commi.cc/ eメール:kondo@commi.cc