ゴム週刊情報

著者:小網 太郎
◆ファンダメンタルズ

【産地】USSのタイ主要卸売3市場の一日の取引量は60~70トン。11月26日の価格はキロあたり61.33~63.57バーツ、RSS3号タイ主要港12月積価格は246.0~248.0セント。

【在庫】全国生ゴム営業倉庫在庫の最新データは、11月10日現在5,594トン(前旬比-317トン減)。

 11月上旬の入出庫は入庫544トン、出庫861トン。

◆展開予想

 ゴムRSS3は上昇、週前半は先週末発表の上海取引所のゴム受渡供用品在庫が公式発表で10万トンを割込んだことを材料に先限は242.3円まで上伸するするも240円水準では利益確定とみられる売りの動きに押され週後半にかけ下押されるも230円台前半で下げ止まると反発、週末時点では235円を上回る水準で推移している。株式市場は上値追い、日米とも緩和的な金融政策の下で押し目買い意欲旺盛な一方、ドル円はわずかに円高方向、今週はドル安が進行するも対ユーロ等での円安の動きがドル円の円高進行を抑制し103.90円程の水準。

 11月27日正午過ぎ現在RSS先限は236.9円前後、TSR先限は167.0円前後の取引。週の高値はRSS242.3円/TSR167.0円、週の安値はRSS225.4円/TSR167.0円。

 現物市場は245円前後、産地での取引数量はUSS小幅増・RSS3減少、価格上昇が一部集荷増を促した格好だが商いは盛り上がっておらず現物需給は依然タイトか。来週30日は取引所在庫の発表がありこれまでのペースで在庫消化が進めば3,000トンを割込む可能性があり注意を払いたい。シンガポール対比では国内RSS3の下鞘幅は拡大傾向であり国内市場の“割安感”は強い一方で利益確定等の需給要因から下振れ場面も想定されるため余裕を持った押し目買い姿勢で臨みたい。先限は220.0~260.0円を予想する。

 

 

このコラムの著者

小網 太郎(コアミ タロウ)

国際法人部ゴム担当。
http://www.okachi.co.jp