「水星の逆行期」開始!!

著者:菊川 弘之
ブックマーク
 2022年の「水星の逆行期」は、以下の4回。

 1月14日~2月3日
 5月10日~6月3日
 9月9日~10月2日
 12月29日~2023年1月18日

 本日から3回目の「水星の逆行期」が開始する。

 アストロロージ(金融占星術)の世界では、「水星の逆行期」には、短期で急激な価格変動が上下に起きる為、テクニカル的なダマシにも会いやすく、急騰・急落による「往復の売買で損失を被りやすい」と言われる。

 また、「この時期は人々が頻繁に考えを変える」「通信回線の混乱が起こり易い」ため、「この期間に合意や協定のまとめに入るのは避けた方が良い」とも言われる。

 このため、「水星逆行期」のトレードは、「利食いも損切りも、短期売買で素早く」すべきと推奨される。通常の相場パターンが展開するような感覚で、のんびりしていると、特定方向のトレンドが1日~4日ごとに終了し、反転する傾向がある。

 2022年の水星逆行の最初の3回は、風性星座宮で起き、最後は地性星座宮で終わる。4回目は地性星座宮で始まり、知性星座宮で終わる。つまり、風性(知性・コミュニケーション・理論重視)から、地性(実用と実利、常識、熟慮)の要素へムードが移行する。世代を重ねて生き抜いてきた経験値が、より重視されるかもしれない。

ドル円 2021年~2022年(水星逆行期)
 

このコラムの著者

菊川 弘之(キクカワ ヒロユキ)

日産証券主席アナリスト / 国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe®)。
GelberGroup社、FutureTruth社などでのトレーニーを経験後、商品投資顧問会社でのディーリング部長等経て現職。
日経CNBC、BloombergTV、ストックボイス、ラジオ日経など多数のメディアに出演の他、日経新聞、時事通信などに連載、寄稿中。
また、中国、台湾、シンガポールなどで、現地取引所主催・共催セミナーの招待講師も務める。
http://market-samurai.livedoor.biz/