6月は供給不足。石油需給は引き締まっている!?

原油
著者:吉田 哲
原油反落。新型コロナウイルスの感染拡大懸念などで。39.82ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,814.00ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年09月限は10,600元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年08月限は295.5元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで950.1ドル(前日比5.9ドル縮小)、円建てで3,361円(前日比9円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(7月13日 20時6分頃 先限)
 6,234円/g 白金 2,873円/g 原油 28,430円/kl
ゴム 156.5円/kg とうもろこし 22,910円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「6月は供給不足。石油需給は引き締まっている!?」

前回は「完全回復せず!?2020年下半期の米国の石油消費見通し」として、前回まで参照したEIA(米エネルギー省)のデータから、2020年下半期の米国の石油消費見通しについて、書きました。

今回は「6月は供給不足。石油需給は引き締まっている!?」として、今月、EIAが公表したデータから、世界の石油の需給バランスについて書きます。

需給バランスは、供給-消費、で計算します。このため、値がプラスの場合は供給過剰(供給>消費)、マイナスの場合は供給不足(供給<消費)を意味します。

以下のグラフで目立つのは、2020年4月の供給過剰です。供給と消費の内訳は、供給が日量9997万バレル、消費が日量7944万バレルです。差し引いて、日量2053万バレルの供給過剰です。

2020年4月の特有の事情を考えると、OPECプラスの協調減産の端境期だった(同年3月に減産を終了し、5月に再開)こと、そしてパンデミック宣言の翌月、新型コロナ感染拡大防止のため、世界各国でロックダウンが行われ、世界の石油消費が大きく減少したこと、などが挙げられます。

つまり、供給・消費両面で、需給バランスが一時的に急激に緩む要因があったわけです。

翌5月もまだ供給過剰でしたが、その翌月の6月には、供給不足になりました。そして、7月以降、EIAは12月まで、供給不足が続くとの見通しを示しています。

世界全体でも、米国・中国単体でも、おおむね4月から5月を底に、消費は12月まで回復することが見込まれていること、OPECプラスの減産が続くこと(削減量は段階的に縮小する予定)、米国の原油生産量の減少が見込まれていることなどが、織り込まれていると、考えられます。

引き続き、原油相場の長期的な動向に影響を与える可能性がある、世界の石油の需給バランスの動向に、注目していきたいと思います。

図:世界の石油の需給バランス 単位:百万バレル/日量
世界の石油の需給バランス

出所:EIA(米エネルギー省)のデータをもとに筆者作成

このコラムの著者

吉田 哲(ヨシダ サトル)

楽天証券経済研究所 コモディティアナリスト 1977年生まれ。大学卒業後、コモディティ業界に入る。2007年からコモディティアナリストとして商品の個別銘柄分析や情報配信を担当。2014年7月に楽天証券に入社。2015年2月より現職。楽天証券ウェブサイトにレポート「週刊コモディティマーケット」を掲載(毎週金曜更新)。各種メディアでも独自の視点を織り交ぜながら関連情報を幅広く配信している。