新型肺炎感染拡大を受けた商品市場見通し

著者:菊川 弘之
 中国・武漢市で発生した新型コロナウィルス感染拡大からリスク回避の動きが強まっている。中国政府が武漢市に発着する航空機、長距離バス、電車、市内の公共交通機関の停止方針を示すなど、感染拡大阻止へ向けた対応に出ているが、新型コロナウィルスによる肺炎の猛威は止まらない。中国国内の死者数が27日時点で80人に達するなど感染拡大を受け、中国政府は同日、春節(旧正月)の連休を2月2日まで延長すると発表した。中国マーケットも、これに準じた措置が取られると思われる。

 潜伏期間が10日間ほどと言われる中、春節での大移動もあり、2月に入ると中国だけでなく、世界各地に感染者が拡大・表面化する可能性は大きい。実体経済の影響も春以降には、具体的な統計数字となって出てくるだろう。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)発生時に感染者が最も拡大したのは5月だった。

 2003年段階と比べて、中国のグローバル資本市場における位置付けが大きく変化している点には要注意。訪日観光客数は桁違いに増加しており、中国のGDPの規模も、2003年と比べると、4倍となって米国に次ぐ世界第二位の経済大国となっている。東京オリンピックへの影響も懸念される。
 
日中のGDP推移
 

このコラムの著者

菊川 弘之(キクカワ ヒロユキ)

日産証券株式会社 調査部主席アナリスト。NYU留学後、商品投資顧問チーフアナリスト、自己ディーリング部長などを経て現職。「北浜流一郎と菊川弘之の朝イチ投資大学」(ラジオNIKKEI)を始め、「ブルームバーグTV」「日経CNBC」等、多数のメディアに出演。Podcastビジネス部門1位獲得も。時事通信、ロイター、日経新聞等に寄稿中。中国・台湾でも現地取引所主催セミナー招待講師として活躍中。 http://market-samurai.livedoor.biz/