オプション取引(おぷしょんとりひき)

オプション取引は将来、原資産をあらかじめ決めておいた価格で買ったり売ったりすることができる権利の売買です。すなわち、オプションは選択権であり、オプションの買い手はあらかじめ決めておいた価格が自分の利益になる水準であれば権利を行使して、そうでなければ権利を放棄すれば良いことになります。これに対してオプションの売り手は、書いてが権利行使した時にはこれに応じる義務があります。

先物用語集

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行