価格/チャート

  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • 30分
  • 1時間
  • 4時間
  • 日足
  • 週足
  • 月足
限月{{funk.contract_month}}
{{funk.close}}
{{funk.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{fudjia.contract_month}}
{{fudjia.close}}
{{fudjia.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{tecone.contract_month}}
{{tecone.close}}
{{tecone.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{cmx_one.contract_month}}
{{cmx_one.close}}
{{cmx_one.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{wti.contract_month}}
{{wti.close}}
{{wti.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{tec_twelve.contract_month}}
{{tec_twelve.close}}
{{tec_twelve.merge_str}}
出来高
  • 始値
  • 高値
  • EMA5
  • 安値
  • 終値
  • EMA20
限月{{fumothe.contract_month}}
{{fumothe.close}}
{{fumothe.merge_str}}

権利行使価格

{{OCNK.exercise_price}}
コール
{{OCNK.close}}
{{OCNK.merge_str}}
プット
{{OPNK.close}}
{{OPNK.merge_str}}
限月{{tec_three.contract_month}}
{{tec_three.close}}
{{tec_three.merge_str}}
限月{{tec_eight.contract_month}}
{{tec_eight.close}}
{{tec_eight.merge_str}}
限月{{tec_fourteen.contract_month}}
{{tec_fourteen.close}}
{{tec_fourteen.merge_str}}

ニュース

  • NEW

    【来週の注目材料】米インフレターゲットの対象指標は前回並みの水準見込み=米PCEデフレータ  31日に4月の米個人消費支出(PCE)デフレータが発表されます。米国のインフレターゲットの対象物価指標である同指標。15日に発表された4月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想通りながら小幅に鈍化をしたことで、今回のPCEデフレータも弱く出るかが注目されています。  同系統の指標である4月のCPIは前月比+0.3%と市場予想及び2月分、3月分の+0.4%を下回りました。前年比は+3.4%と市場予想に一致しましたが3月の+3.5%を下回りました。変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比+0.3%と総合指数と同様に市場予想及び3月の伸びを下回りました。前年比は+3.6%とこちらも総合指数同様に市場予想には一致も3月分から伸びが鈍化しています。  CPIの内訳を確認すると、ガソリン小売価格が3月から4月にかけて上昇したこともあり、エネルギーが前月比+1.1%、前年比+2.6%と高く出ました。 このところかなり強い自動車保険が前月比+1.8%、前年比+22.6%と5か月連続での20%超え、直近では最も高い伸びとなりました。  住居費は前月比が3カ月連続となる+0.4%、ガソリン価格の+2.8%と住居費の+0.4%で前回の上昇分の7割超を占めています。前年比では+5.5%と3月の+5.7%から伸びが鈍化しています。そのほか、医療費が前月比+0.4%、前年比+2.7%と強い伸び、娯楽、教育、パーソナルケア製品なども伸びていました。弱かったのが新車供給の回復を受けた中古車の-6.9%、新車も-0.4%となっています。   この結果を受けてのPCEデフレータですが前月比+0.4%、前年比+2.7%と前月比は3月から若干伸びが強まる見込み、前年比は3月と同水準の伸びが見込まれています。食品とエネルギーを除くコアPCEは前月比+0.3%、前年比+2.8%と共に3月と同水準の伸びが見込まれています。  CPI及び14日発表のPPIの結果からみると、若干弱い伸びでもおかしくないという印象。CPI発表後の推定では前月比+0.2%、前年比+2.7%を見込む動きが見られました。  なお、クリーブランド連銀による物価予想「Inflation Nowcasting」では、前月比+0.27%、コア前月比+0.23%と少し低めの予想。前年比は+2.68%、コア前年比2.74%となっています。  今月に入って3日の米雇用統計、15日の米CPIと小売売上高などの主要指標が軒並み低く出たことで、市場では米国の早期利下げ開始期待が後退する展開となりました。しかし、22日に公表された米FOMC議事要旨(4月30日、5月1日)が、FOMC時の声明や会見よりもタカ派な印象を与えたことや、23日発表の米購買担当者景気指数(PMI)が強く出たことで、再び利下げ開始期待が後退する状況となっています。 現状ではPMI前に利下げ開始見通しが多数派となっていた9月FOMCでの見通しは利下げと据え置きが拮抗。年内の利下げ回数も1回と2回で見通しが分かれる状況となっています。  今回のPCEデフレータがクリーブランド連銀などの予想通り少し弱めに出た場合、早期の利下げ開始期待が強まり、ドル売りが広がる可能性があります。 MINKABUPRESS 山岡和雅 ...続きを読む

  • NEW

新着コラム

小次郎講師テクニカル